手肌に優しいシャンプー日記

MENU

手肌の荒れなどが気になる場合にはシャンプーはどうしたらよい?

 

手肌の荒れなどが気になる場合にはシャンプーはどうしたらよい?

 

手肌が荒れやすい場合にはアミノ酸系シャンプーが良い?

手肌の荒れなどが気になる場合にはシャンプーはどうしたらよい?

 

手肌の荒れなどが気になる場合にはシャンプーはどうしたらよいでしょうか?

手肌など弱い場合には、食器洗いなどを多くする場合に加えて、外出から帰ってきた際など外出先でも含めて手を洗う際やシャンプーなどで手の皮脂などがどんどんなくなって冬などは手が乾燥しすぎてしまう場合など頭皮よりも手肌が弱い場合にシャンプーを選ぶというのはあまりないかもしれませんが、特定の私などもそうでしたが、必要な場合も出てくると結構探すのが厄介ですよね。また手の指の腹の部分を使用してシャンプーなど洗髪しますが、手の荒れなど気になると爪とかなるべく皮膚がないところでシャンプーとかしやすいので、今度は逆に頭皮などに良くない場合も出てくるかもしれないので、悪循環に繋がりやすいです。手荒れという形ですが、結構皮がめくれやすいのは夏場であったりするけれど、冬場は象の手みたいになる場合もあるかもしれません。皮脂がなくなりすぎるというのも手の平などは皮脂分泌量は少ないですけどね。手の汗が出る場合も手に汗握る瞬間などに出る場合もあるので、皮脂とは違いますが、やっぱりシャンプーを変えるというのも一つかもしれませんよね。皮脂分泌量を増やすも減らすもバランスを整えるという事になりますね。

手肌に優しいシャンプー日記

 

手肌に優しいシャンプー日記 関連記事

手肌の荒れなどが気になる場合にはシャンプーはどうしたらよい?

1 |


手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプーというと石鹸がまず上がりますが、主に無添加シャンプーという点がありますが、手が荒れている状態だと石鹸でも痛みなどがありますよね。また固形石鹸ですとやはり手でこすったりして泡立てる事などもあるのでやっぱり、液体のアミノ酸系シャンプーの方が手肌に優しい傾向にあるかもしれません。食器洗いなどはやはり手が荒れやすいというのもありますから、普段から食器洗いの洗剤をよく使うと手があれる人もいれば、あまり使わないけど手が荒れてしまうというのもあります。手荒れなどがある際は、基本的には手が乾燥していることがほとんどです。手が乾燥していると肌の潤い感がないので、ゴムの様な弾力性がないので、ひび割れなども起きやすくなります。食器洗い用の洗浄成分や排水溝を洗う洗浄成分などどちらかというと洗顔料やヘアケアなど肌などに使うというよりは工業用に近い面があるので、肌が荒れやすくなります。石鹸の場合には低刺激ではありますが、結構油分なども洗い流しやすいので結構乾燥してしまう事も多くなります。やはり手肌に優しいシャンプーではノンシリコンのアミノ酸系シャンプーを使っていくと良いと思います。水っぽい原液よりもハチミツみたいなとろみがあるようなシャンプーの方がより使い勝手が良いかもしれません。リトルサイズでも良いからまずはリトルサイズのお試し商品を試してみましょう。


サイトマップ

1 リンク集

1に関連するリンク集のページです。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 |

手肌