手肌に優しいシャンプー日記

MENU

牛乳にラクトフェリンって多いのでしょうか?

ラクトフェリン

母乳に多いということで牛乳にラクトフェリンは多いかというと全く含まれていないそうです。加熱処理してしまうと死んでしまうそうなんですよね。

 

加熱処理で成分が失われてしまうというのは非常に多いものです。

 

やはり暑すぎると住めない生物がいたり、逆もいたりするので、微小な成分程加熱処理に弱い傾向にあるのかな?と個人的には思っています。

 

ラクトフェリン以外でも加熱処理してしまうとアミノ酸なんかは壊れやすいです。

 

成分が壊れてしまうと成分の機能はなくなってしまうので、何も摂取していないのと同じになってしまう感じかもしれませんね。

 

ラクトフェリン以外でも熱すぎる飲み物は注意?

ラクトフェリン

サプリとかで摂取するときの注意点というか以前あった話ですが、青汁ではないですが、青汁だと話しやすいのでそうします。

 

栄養成分の食品表はケールだったらケールの栄養成分表が乗ることが多いですが製品という形で栄養成分表というのは限りなく少ないですよね。

 

青汁とか温かいお湯で飲んだりすることもありますが、沸騰したお湯をそのまま口に運ぶと火傷するので、ある程度温かいお湯で溶かしたりしますが、やっぱりお湯程度でも成分が壊れたりすることもあるのかもしれませんね。

 

ラクトフェリンとかサプリメントは粉末でも何かお水などで飲む場合がほとんどですが、なるべく熱すぎない飲み物を活用したほうが良さそうですね。

 

加工が多いと成分が壊れてしまう事もある?

ラクトフェリン

実際に加熱すると死滅する成分を加熱してしまってサプリですが、そのサプリ自体に栄養というのが全然なかったというのがありました。

 

そのサプリは以前は嫌というほど見たのですが、今はほとんど見ないサプリです。

 

話は戻しますが、ラクトフェリン自体は牛乳では取れないけど、森永の牛乳にはラクトフェリンが配合されているのがあるので試してみると良いかもです。

 

牛乳自体に含まれていないけど後でラクトフェリンを追加した牛乳はあるということですね。

 

あとラクトフェリン自体で粉末状で売られていることはまだない感じでもあるのではやく出て欲しいということもありますね。乳酸菌系と一緒になっていることが多いような気がしますが、ラクトフェリンの量が少ないので主に乳酸菌を多く取りたくないという方には不向きかな?と思います。

 

母乳を飲むと良いので、飲める人は飲むというのが良いですが、かなり難しい問題になるのではないかと思います。


手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプーというと石鹸がまず上がりますが、主に無添加シャンプーという点がありますが、手が荒れている状態だと石鹸でも痛みなどがありますよね。また固形石鹸ですとやはり手でこすったりして泡立てる事などもあるのでやっぱり、液体のアミノ酸系シャンプーの方が手肌に優しい傾向にあるかもしれません。食器洗いなどはやはり手が荒れやすいというのもありますから、普段から食器洗いの洗剤をよく使うと手があれる人もいれば、あまり使わないけど手が荒れてしまうというのもあります。手荒れなどがある際は、基本的には手が乾燥していることがほとんどです。手が乾燥していると肌の潤い感がないので、ゴムの様な弾力性がないので、ひび割れなども起きやすくなります。食器洗い用の洗浄成分や排水溝を洗う洗浄成分などどちらかというと洗顔料やヘアケアなど肌などに使うというよりは工業用に近い面があるので、肌が荒れやすくなります。石鹸の場合には低刺激ではありますが、結構油分なども洗い流しやすいので結構乾燥してしまう事も多くなります。やはり手肌に優しいシャンプーではノンシリコンのアミノ酸系シャンプーを使っていくと良いと思います。水っぽい原液よりもハチミツみたいなとろみがあるようなシャンプーの方がより使い勝手が良いかもしれません。


関連記事

手肌に優しいシャンプー日記 TOP


手肌に優しいシャンプー日記 リンク集

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |

牛乳にラクトフェリンって多いのでしょうか?

牛乳にラクトフェリンって多いのでしょうか?に関するページです。