手肌に優しいシャンプー日記

MENU

サーチュイン遺伝子が結構なくらい活性化している気がする?

ギュイーン

そういえば昨日の夜は何故かご飯を食べなかったので飢餓によってサーチュイン遺伝子が活性化したかもしれない。(笑)

 

ギュイーンと活性化しているように感じていますが、ストレスで食欲がない時でも活性化するのでしょうか?

 

それならば高ストレスで食事を取らないとサーチュイン遺伝子が活性化しそうですが、抜け毛など薄毛の悩みなどに悩まされそうです。

 

栄養状態が悪いと血液循環は悪くなるし、ダイエットする際も絶食に近い形で取ればやはりリバウンドしやすいなど体の水分もなくなってしまいやすいので、サーチュイン遺伝子の活性のために極度の絶食などは控えた方が良いかもしれませんね。

 

ミトコンドリアの働きも良くなるのが特徴らしい

ギュイーン

ミトコンドリアの働きが良くなる事が挙げられているんだけど確かに有酸素運動ではクエン酸回路によってミトコンドリアの働きで脂肪燃焼するそうだけど、そうなるとマラソン選手とかが一番サーチュイン遺伝子が活性化してそうです。

 

ただマラソン選手は運動自体には成長ホルモンは分泌しにくいので老けて見えると言うのがやはりあるのでどうなんだろうか?

 

400m走とかが一番きついというけれど実際に走ってみると余力を残して走るので、距離も短いから楽に走れますが、本気で走るとやっぱりきついです。

 

乳酸がたまり易い運動は逆にサーチュイン遺伝子の活性の為にも良くないのかもしれませんね。

 

食事量を抑えると他に問題が出てくることもある?

ギュイーン

ただサーチュイン遺伝子を活性化させるために食事量を抑えると言うのも栄養が足りなくなる恐れもあるし、バランスが悪いとガリガリになるのでガリガリ自体が良いのかどうかは栄養不足などになりがちなので基本的な食事バランスというのはしっかり食べたいと言う感じです。

 

ただ年齢が増してくると運動不足になりやすいので有酸素運動と筋力エクササイズのバランスを保ちながら赤ワインのポリフェノールとか抗酸化作用のある成分を摂取して行きたいと思います。

 

冬はサーチュイン遺伝子が停滞していそうなので夏になると活性化してきそうですね。


手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプーというと石鹸がまず上がりますが、主に無添加シャンプーという点がありますが、手が荒れている状態だと石鹸でも痛みなどがありますよね。また固形石鹸ですとやはり手でこすったりして泡立てる事などもあるのでやっぱり、液体のアミノ酸系シャンプーの方が手肌に優しい傾向にあるかもしれません。食器洗いなどはやはり手が荒れやすいというのもありますから、普段から食器洗いの洗剤をよく使うと手があれる人もいれば、あまり使わないけど手が荒れてしまうというのもあります。手荒れなどがある際は、基本的には手が乾燥していることがほとんどです。手が乾燥していると肌の潤い感がないので、ゴムの様な弾力性がないので、ひび割れなども起きやすくなります。食器洗い用の洗浄成分や排水溝を洗う洗浄成分などどちらかというと洗顔料やヘアケアなど肌などに使うというよりは工業用に近い面があるので、肌が荒れやすくなります。石鹸の場合には低刺激ではありますが、結構油分なども洗い流しやすいので結構乾燥してしまう事も多くなります。やはり手肌に優しいシャンプーではノンシリコンのアミノ酸系シャンプーを使っていくと良いと思います。水っぽい原液よりもハチミツみたいなとろみがあるようなシャンプーの方がより使い勝手が良いかもしれません。洗顔後のアフタースキンケアを考えた場合に、アフタースキンケアも肌に刺激がなく行える方法を見つけましょう。


サーチュイン遺伝子が結構なくらい活性化している気がする?

関連記事

手肌に優しいシャンプー日記


サーチュイン遺伝子が結構なくらい活性化している気がする? リンク集

サーチュイン遺伝子が結構なくらい活性化している気がする?に関連するリンク集のページです。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 |

手肌