手肌に優しいシャンプー日記

MENU

不妊症と子宮の血液量や環境について

不妊症

不妊症を克服することは大変です。

 

克服って言うくらいくらいだから改善とはちょっと違う!大きな山を越えていくぐらいの事を克服って言う感じがするよね。登山みたいな!(笑)

 

逆に改善は、あまり難しい事でもなく、努力もそれなりな事を改善って思うけどね。

 

不妊症を克服するためにはまず妊娠しない原因を探らないと難しいそうだよね。例えば昔無理なダイエットをしていたとか・・!

 

体のトラブルは時間がかかるので忘れたころに不調がきたりするけど、ダイエットは筋肉量が落ちるのも原因の一つになりそうだよね。

 

筋肉量っていっても表側じゃなくて、内臓とか支えている奥の方の筋肉。骨盤底筋群とか平滑筋などなど。

 

不妊症と子宮の血液量など

不妊症

子宮は血液量も豊富な所なので、温かいんですが、内臓下垂やら筋肉量が少ないと中側の温度はどんどん冷たくなるので、受精卵も育ちにくくなりますね。

 

不妊症の克服をするためにはこのあたりをしっかりやらないと厳しそうですね。

 

不妊症は費用もかかるので、経済的にも負担になる事も多そうですが、辛い治療でもあるので体力をつけとくのも大事そうですね。

 

体力をつけておいても治療で消耗が厳しいと体力も著しく低下するので、疲労回復の方もしっかり欠かさないようにしていきたいです。

 

 

不妊治療と同じくらい病院や環境はやっぱり大切?

不妊症

不妊症の場合には原因というのが多数存在しています。

 

世の中にあるダイエット方法ってすごくたくさんあると思いますが、同じように原因が固定されているというのは少なくとも個人差が発生します。

 

同じ症状でも妊娠の確率って微妙に個人差があるのと同じです。

 

同じ体外受精でも病院によっても違いがあるので合う合わないなどありますから治療方法と同じくらい病院を含めた環境が大切になってきます。

 

普段摂取したほうが良い葉酸

不妊症

よく妊娠超初期とか妊娠の兆候などある際からもうすでに赤ちゃんがいる場合には葉酸が必要になってきます。

 

赤ちゃんが誕生するのは受精卵で、一番その際に人の形になるまで細胞分裂での変化が激しいことから一番葉酸が必要な時期です。

 

一番必要な時期というのは妊娠しているかどうかというのはわかっていない場合が多いので、妊活中や不妊治療中から摂取を心がけると良いと思いますよ。


手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプーというと石鹸がまず上がりますが、主に無添加シャンプーという点がありますが、手が荒れている状態だと石鹸でも痛みなどがありますよね。また固形石鹸ですとやはり手でこすったりして泡立てる事などもあるのでやっぱり、液体のアミノ酸系シャンプーの方が手肌に優しい傾向にあるかもしれません。食器洗いなどはやはり手が荒れやすいというのもありますから、普段から食器洗いの洗剤をよく使うと手があれる人もいれば、あまり使わないけど手が荒れてしまうというのもあります。手荒れなどがある際は、基本的には手が乾燥していることがほとんどです。手が乾燥していると肌の潤い感がないので、ゴムの様な弾力性がないので、ひび割れなども起きやすくなります。食器洗い用の洗浄成分や排水溝を洗う洗浄成分などどちらかというと洗顔料やヘアケアなど肌などに使うというよりは工業用に近い面があるので、肌が荒れやすくなります。石鹸の場合には低刺激ではありますが、結構油分なども洗い流しやすいので結構乾燥してしまう事も多くなります。やはり手肌に優しいシャンプーではノンシリコンのアミノ酸系シャンプーを使っていくと良いと思います。水っぽい原液よりもハチミツみたいなとろみがあるようなシャンプーの方がより使い勝手が良いかもしれません。


関連記事

手肌に優しいシャンプー日記 TOP


手肌に優しいシャンプー日記 リンク集

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |

不妊症と子宮の血液量や環境について

不妊症と子宮の血液量や環境についてに関するページです。