雑感サイトマップ

ミノキシジルの効果などを検証してみよう

ミノキシジル

ミノキシジルのデータをよく見たりするのですが、ミノキシジルの外用薬でも抜け毛が止まるというデータをよく目にします。

 

主に発毛の事を色々調べているとテンプレの様にフィナステリドは抜け毛や薄毛の進行を抑える事で、ミノキシジルは、発毛を促すという事を頭に叩き込んでいることも多いかもしれません。

 

これだとミノキシジルを抜け毛が多い状態で使用したならば、抜け毛が多くなりながら発毛していくという風な捉え方になります。

 

さすがにこれはおかしいと思いミノキシジルの外用薬で湿布した場合には、抜け毛も防止する作用もあるという事です。

 

効果

これならば、フィナステリドを使用しないという選択肢も考えられます。

 

データではミノキシジルの%に関係なく発毛しているデータなどを見ることも多いですが、実際にミノキシジルを配合した発毛剤を購入して使用した方では効果を実感できないという方も結構いるようです。

 

実際に使い方などを含めそれまでに至る過程というのは分かりませんが、効果が実感できなかったという方もいるようです。

 

またフィナステリド単体でも効果を実感できなかったという方もいるのが特徴的です。

 

両方に言える事ですが、効果が実感できるまで時間がかかる事と時間がかかる上に個人差があるというのは治療効果があるかないかの判断が非常に個人レベルでは分かりにくいというのもあるかもしれません。

 

しかし効果を著しく実感した方の共通点を見てみると一切効果を実感できない期間が続いた後急激に効果を実感するというのがあります。

 

さすがに1年続けて効果を実感しなければ効果なしと言えますが、二か月や三か月続けて効果が出ない場合でも4〜6か月後に著しく効果が出る場合もあるので、薄毛が進行していなければもう少し様子を見てみるのも良いかもしれません。

ミノキシジルの効果などを検証してみる?おすすめ記事

検証

 

 

1 | 2 | 3 |

 

1 |

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |


手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプーというと石鹸がまず上がりますが、主に無添加シャンプーという点がありますが、手が荒れている状態だと石鹸でも痛みなどがありますよね。また固形石鹸ですとやはり手でこすったりして泡立てる事などもあるのでやっぱり、液体のアミノ酸系シャンプーの方が手肌に優しい傾向にあるかもしれません。食器洗いなどはやはり手が荒れやすいというのもありますから、普段から食器洗いの洗剤をよく使うと手があれる人もいれば、あまり使わないけど手が荒れてしまうというのもあります。手荒れなどがある際は、基本的には手が乾燥していることがほとんどです。手が乾燥していると肌の潤い感がないので、ゴムの様な弾力性がないので、ひび割れなども起きやすくなります。食器洗い用の洗浄成分や排水溝を洗う洗浄成分などどちらかというと洗顔料やヘアケアなど肌などに使うというよりは工業用に近い面があるので、肌が荒れやすくなります。石鹸の場合には低刺激ではありますが、結構油分なども洗い流しやすいので結構乾燥してしまう事も多くなります。やはり手肌に優しいシャンプーではノンシリコンのアミノ酸系シャンプーを使っていくと良いと思います。水っぽい原液よりもハチミツみたいなとろみがあるようなシャンプーの方がより使い勝手が良いかもしれません。洗顔後のアフタースキンケアを考えた場合に、アフタースキンケアも肌に刺激がなく行える方法を見つけましょう。


ミノキシジルの効果などを検証してみる?

関連記事

手肌に優しいシャンプー日記


ミノキシジルの効果などを検証してみる? リンク集

ミノキシジルの効果などを検証してみる?に関連するリンク集のページです。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 |

手肌