手肌に優しいシャンプー日記

MENU

無添加石鹸の良さをじっくり語る

無添加石鹸

無添加石鹸の良さというと買う前まではよさそうと思うのです。

 

しかし使ってみるとたいして違いがわからなかったりすることがあります。

 

違いが分からない私が鈍感な場合もあるかもしれません。

 

無添加でも防腐剤無添加の他色々ありますので、使用している質感とかよりもやはり刺激的な面がより大事なのかもしれません。

 

シャンプーと似ている面があるかもしれませんが、特に頭皮や髪に問題がない場合には、コスパが良い高級アルコール系のシャンプーを使用していく方が良いかもしれません。

 

私みたいに赤みが出てしまう場合には、防腐剤無添加の無添加石鹸が個人的には良いと思って使ってます。

 

無添加石鹸でも刺激が強いのも個人的にはあると思う

無添加石鹸

実際には刺激が弱いのかもしれませんが、私自身が肌がもしかしたらそこまで弱くないのかもしれません。

 

石鹸によって顔がヒリヒリしたりすることもないので特に問題がないのかもしれませんね。

 

同じような成分でも逆に肌が荒れてしまうような感じの石鹸でも私の場合には、肌が荒れなかったりなど、相性の問題とかもあるように感じます。

 

どんなに刺激が少ない石鹸でも合わない場合もあるので、合わない石鹸の場合には、やはり評判とかが良くても変えたほうが良いかもしれませんし、その逆で評判が悪くても肌に合う場合には石鹸を変えないほうが良いかもしれません。

 

ネットで無添加石鹸をよく見かけます

無添加石鹸

ネットでもよく無添加石鹸を見かけますが、わたしは普段からなるべく低価格のカウブランドの無添加石鹸を使用しています。

 

結構品質も良いのでお気に入りです。ただシャンプーと違って個体ですし、アルカリ性なのでそれ自体で殺菌力があるので防腐剤が含まれていません。

 

シンプルな石鹸ほど成分表はかなりスッキリしています。

 

そのため100円石鹸でも無添加石鹸なんだと気が付きました。

 

美容成分が多いと無添加でも価格は高くなる

無添加石鹸

美容成分とか入っているとその分価格は高くますよね。

 

腐りやすくなるので防腐剤が配合されていたり趣味や好みなどによって着色料や香り付がされていることもあります。

 

無添加石鹸と呼ばれている多くはできるだけ美容成分などが豊富に入っていてそれでも無添加な方が良いという感じなのかもしれません。

 

古くから人気が続いている石鹸にはロイヤルゼリーが配合されていることが結構あると思っています。

 

100円の石鹸も結構良い

無添加石鹸

市販の石鹸は添加物がいっぱいというような広告を見たことがあります。

 

100円の石鹸や職人がじっくり作ってある棒状のシンプルな石鹸の方が添加物が少なく無添加に近いので肌に刺激は少ないかもしれません。

 

ただシンプルな石鹸で乾燥してしまうというのは石けん素地でもアルカリ性なので洗浄力が強いという面があります。

 

 

美容成分が多いと結構マイルド感が出てくる

無添加石鹸

石けん素地そのものだったら洗浄力もかなり強いわけです。

 

美容成分とか保湿成分とか入っていると確実に洗浄力がマイルドになります。

 

そう言った意味で美容成分で洗浄力が少しマイルドになるというのは良いかもしれません。

 

家にはホホバオイルがあるので今度石鹸に少し使用してみようかと思います。

 

ただ両方共殺菌作用があるのでかなり私は両方共殺菌作用によって殺菌されそうです。


手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプーというと石鹸がまず上がりますが、主に無添加シャンプーという点がありますが、手が荒れている状態だと石鹸でも痛みなどがありますよね。また固形石鹸ですとやはり手でこすったりして泡立てる事などもあるのでやっぱり、液体のアミノ酸系シャンプーの方が手肌に優しい傾向にあるかもしれません。食器洗いなどはやはり手が荒れやすいというのもありますから、普段から食器洗いの洗剤をよく使うと手があれる人もいれば、あまり使わないけど手が荒れてしまうというのもあります。手荒れなどがある際は、基本的には手が乾燥していることがほとんどです。手が乾燥していると肌の潤い感がないので、ゴムの様な弾力性がないので、ひび割れなども起きやすくなります。食器洗い用の洗浄成分や排水溝を洗う洗浄成分などどちらかというと洗顔料やヘアケアなど肌などに使うというよりは工業用に近い面があるので、肌が荒れやすくなります。石鹸の場合には低刺激ではありますが、結構油分なども洗い流しやすいので結構乾燥してしまう事も多くなります。やはり手肌に優しいシャンプーではノンシリコンのアミノ酸系シャンプーを使っていくと良いと思います。水っぽい原液よりもハチミツみたいなとろみがあるようなシャンプーの方がより使い勝手が良いかもしれません。洗顔後のアフタースキンケアを考えた場合に、アフタースキンケアも肌に刺激がなく行える方法を見つけましょう。


無添加石鹸の良さをじっくり語る

関連記事

手肌に優しいシャンプー日記


無添加石鹸の良さをじっくり語る リンク集

無添加石鹸の良さをじっくり語るに関連するリンク集のページです。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 |

手肌