手肌に優しいシャンプー日記

MENU

バラの匂い(香り)がするシャンプー

バラ

ダマスクローズなどバラの香りが好きな人もかなり多いけど、あまり個人的には得意ではないかな?という感想です。

 

柑橘系の方が元から好きなのもアイスよりもシャーベットの方が好きだったからかもしれない。

 

最近では濃厚なアイスでもハーゲンダッツとかよく食べるし、バニラなど濃厚な牛乳を使ったバニラアイスをよく食べるようになりました。

 

シャーベットも今でも食べますが、昔よりもバラの香りがするのは平気なのもバニラアイスが前よりも好きになったというのもあるのかもしれないよね。

 

香りを楽しむシャンプーが今自分の中でブーム

バラ

シャンプーだと香りが後まで残るのよりはシャンプー中に匂いが楽しめるくらいでよいので逆に強すぎるとちょっと厳しいのかな〜という感じですね。

 

今では香り自体も強いのから弱いのまでいろいろ楽しめるので選択できる幅が広がっているから良いと思いますが、香り自体の種類ももっと増えてくると嬉しいし、ただエッセンシャルオイルを上手く活用すれば自分好みの香りが出来るのでちょっと面倒に感じない人には良いのかな?と思います。

 

面倒な人は選び方でより重点的に見ていくと良いでしょう。

 

メーカーとかによって香りの強さにも違いがあるし、香りの違いもあるので、お気に入りのメーカーを探してみるのも良いかもしれませんね。

 

人工香料が入ったバラの香りはどう?

バラ

バラエッセンスが入っているバラの香りがしてもアミノ酸系シャンプーや高級アルコール系シャンプーでもシャンプーの使用感が変わるように高級アルコール系のシャンプーの場合には、バラの香りがするタイプの香料が入っていることもあるようです。

 

刺激面というと少し見劣りするかもしれませんが、香りの持続力は香料が入っているとするので、トリートメントとセットで使用したほうが香りが変わらないので、良いかもしれません。

 

香料が入っているとかゆみが出る場合には、やっぱり香りの強さが弱いけれど天然のバラエッセンスが入っているほうが良いかもしれません。

バラの匂い(香り)がするシャンプー 関連記事

バラの匂い(香り)がするシャンプー


手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプーというと石鹸がまず上がりますが、主に無添加シャンプーという点がありますが、手が荒れている状態だと石鹸でも痛みなどがありますよね。また固形石鹸ですとやはり手でこすったりして泡立てる事などもあるのでやっぱり、液体のアミノ酸系シャンプーの方が手肌に優しい傾向にあるかもしれません。食器洗いなどはやはり手が荒れやすいというのもありますから、普段から食器洗いの洗剤をよく使うと手があれる人もいれば、あまり使わないけど手が荒れてしまうというのもあります。手荒れなどがある際は、基本的には手が乾燥していることがほとんどです。手が乾燥していると肌の潤い感がないので、ゴムの様な弾力性がないので、ひび割れなども起きやすくなります。食器洗い用の洗浄成分や排水溝を洗う洗浄成分などどちらかというと洗顔料やヘアケアなど肌などに使うというよりは工業用に近い面があるので、肌が荒れやすくなります。石鹸の場合には低刺激ではありますが、結構油分なども洗い流しやすいので結構乾燥してしまう事も多くなります。やはり手肌に優しいシャンプーではノンシリコンのアミノ酸系シャンプーを使っていくと良いと思います。水っぽい原液よりもハチミツみたいなとろみがあるようなシャンプーの方がより使い勝手が良いかもしれません。洗顔後のアフタースキンケアを考えた場合に、アフタースキンケアも肌に刺激がなく行える方法を見つけましょう。


バラの匂い(香り)がするシャンプー

関連記事

手肌に優しいシャンプー日記


バラの匂い(香り)がするシャンプー リンク集

バラの匂い(香り)がするシャンプーに関連するリンク集のページです。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 |

手肌