手肌に優しいシャンプー日記

MENU

シャンプー好きにはたまらないアミノ酸系洗浄成分は?

シャンプー

やっぱりシャンプー好きにはたまらないのがアミノ酸系洗浄成分ですよね?

 

泡立ちは一般的には良くないですが、その中でも一番良くないのはココイルグルタミン酸ですよね。

 

同じようなシャンプーでも泡立ちが全然違ったりするので、洗浄成分とかの配合量が違うのかな?と思う事もありますが、アミノ酸系洗浄成分を使用していて泡立ちが良いと今後も使用していきたいと思いますよね。

 

やはり成分という面で違いがありますが、シャンプーそのものの雰囲気や香りなどそういった部分も使用感に出てきやすいのもあるのかもしれません。

 

しっとりしやすいアミノ酸系洗浄成分

シャンプー

グルタミン酸の場合には、かなりノペットした液体にドロドロ感のある泡立ちでヌルヌルする感じなので傷んだ髪にでも絡みにくいのが特徴なので、髪通りが洗髪中に良いせいか抜け毛予防にも使われていたりします。

 

ヌルヌル感が嫌いな方がいるかもしれませんが、逆にノペットした液体は、結構好きな方もいるかもしれません。

 

シットリ感にも似た感触でドロドロ感もあるので、意外に使いやすい面もあるんですよね。

 

アミノ酸系シャンプーの質感が気に入っている?

シャンプー

私も質感は結構好きですが、ずっとシットリしている感じもあるので、たまに違うのを使用したくなります。

 

また育毛シャンプーではあまり使用されていないアラニン系やグリシン系ですが、最近買ったオーガニックシャンプーでタウリンが使用されていて、思ったよりも泡立ちが良くてびっくりしました。泡立ちが悪そうだと思ったので、良かったです。

 

シンプルなタイプは保湿とかの成分なども入っていないので素の髪などにも良さそうです。髪を染めたりした際に使いやすいのがアミノ酸系シャンプーですが、巣の髪との相性も個人的には良いと思います。

シャンプー好きにはたまらないアミノ酸系洗浄成分は? 関連記事

シャンプー好きにはたまらないアミノ酸系洗浄成分は?


手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプーというと石鹸がまず上がりますが、主に無添加シャンプーという点がありますが、手が荒れている状態だと石鹸でも痛みなどがありますよね。また固形石鹸ですとやはり手でこすったりして泡立てる事などもあるのでやっぱり、液体のアミノ酸系シャンプーの方が手肌に優しい傾向にあるかもしれません。食器洗いなどはやはり手が荒れやすいというのもありますから、普段から食器洗いの洗剤をよく使うと手があれる人もいれば、あまり使わないけど手が荒れてしまうというのもあります。手荒れなどがある際は、基本的には手が乾燥していることがほとんどです。手が乾燥していると肌の潤い感がないので、ゴムの様な弾力性がないので、ひび割れなども起きやすくなります。食器洗い用の洗浄成分や排水溝を洗う洗浄成分などどちらかというと洗顔料やヘアケアなど肌などに使うというよりは工業用に近い面があるので、肌が荒れやすくなります。石鹸の場合には低刺激ではありますが、結構油分なども洗い流しやすいので結構乾燥してしまう事も多くなります。やはり手肌に優しいシャンプーではノンシリコンのアミノ酸系シャンプーを使っていくと良いと思います。水っぽい原液よりもハチミツみたいなとろみがあるようなシャンプーの方がより使い勝手が良いかもしれません。洗顔後のアフタースキンケアを考えた場合に、アフタースキンケアも肌に刺激がなく行える方法を見つけましょう。


シャンプー好きにはたまらないアミノ酸系洗浄成分は?

関連記事

手肌に優しいシャンプー日記


シャンプー好きにはたまらないアミノ酸系洗浄成分は? リンク集

シャンプー好きにはたまらないアミノ酸系洗浄成分は?に関連するリンク集のページです。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 |

手肌