手肌に優しいシャンプー日記

MENU

rinrenシャンプーの特に大きな魅力について考えてみた

rinren

そういえばrinrenシャンプーはどちらかというとオーガニックとかノンシリコンシャンプーであることが多いですが、ベタイン系の洗浄成分にラウロイルサルコシンを使用しているので洗浄力は普通で使用しやすいですよね。

 

濃厚リッチなオーガニックシャンプーというよりも使用感からして結構シンプルなシャンプーで使いやすいし、使い勝手が良いです。

 

シチューエーションを気にする事もなく通常使いに最適です。

 

量も多く柑橘系のユズ&ジンジャーは男性の方でも使用しやすい香りで容量も多いのでガッツリ使用したい方にも最適です。

 

そのため市販シャンプーから切り替える際にも普通に意識することなく使用していく事ができます。

 

rinrenシャンプーはガッツリ使える?

rinren

普通というのがミソで一般のアミノ酸系シャンプーは洗浄力が弱いのでオレフィンスルホン酸とか刺激が強くコストが安い成分を使用しやすいんですよね。

 

ラウロイルサルコシンはアミノ酸系洗浄成分でも石鹸に似たさっぱり感があるので、しっとり系ばかり使用しているとやはり飽きるのでちょうど良いのかもしれません。

 

リンレンのシャンプーは探してもなかなか公式サイトが見当たらないけど、シンシアガーデンというお店で購入するといろいろな製品がおまけで付いてくるので良いです。

 

そしてセールもやっているので安く購入できるという魅力があります。

 

2回目以降が安くなるので個人的にはおすすめなシャンプーじゃないかな〜と思います。おすすめの通販サイトですが、楽天とかでいろいろ探してみてから購入すると良いでしょう。

 

リニューアルも多いのが特徴?

rinren

リンレンのシャンプーではスカルプシャンプーが出ましたが、頭皮ケアに向いている感じでやっぱりサッパリ感のある香りが楽しめるシャンプーです。

 

柑橘系とかサッパリしたのが好きな方に良いかもしれません。

 

リンレンのシャンプーはパッケージも結構昔に比べると何回も変わってきていますが、パッケージもどんどんクリアデザインが採用されてきており、シャンプーのシンプルさと相まってシンプル感が漂っていますね。

 

洗浄成分もリニューアルされていることもありますが、大まかに変わっているという事もないので、少しマイルドな感覚になったというぐらいでしょうか。

rinrenシャンプーの特に大きな魅力について考えてみた 関連記事

rinrenシャンプーの特に大きな魅力について考えてみた


手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプーというと石鹸がまず上がりますが、主に無添加シャンプーという点がありますが、手が荒れている状態だと石鹸でも痛みなどがありますよね。また固形石鹸ですとやはり手でこすったりして泡立てる事などもあるのでやっぱり、液体のアミノ酸系シャンプーの方が手肌に優しい傾向にあるかもしれません。食器洗いなどはやはり手が荒れやすいというのもありますから、普段から食器洗いの洗剤をよく使うと手があれる人もいれば、あまり使わないけど手が荒れてしまうというのもあります。手荒れなどがある際は、基本的には手が乾燥していることがほとんどです。手が乾燥していると肌の潤い感がないので、ゴムの様な弾力性がないので、ひび割れなども起きやすくなります。食器洗い用の洗浄成分や排水溝を洗う洗浄成分などどちらかというと洗顔料やヘアケアなど肌などに使うというよりは工業用に近い面があるので、肌が荒れやすくなります。石鹸の場合には低刺激ではありますが、結構油分なども洗い流しやすいので結構乾燥してしまう事も多くなります。やはり手肌に優しいシャンプーではノンシリコンのアミノ酸系シャンプーを使っていくと良いと思います。水っぽい原液よりもハチミツみたいなとろみがあるようなシャンプーの方がより使い勝手が良いかもしれません。洗顔後のアフタースキンケアを考えた場合に、アフタースキンケアも肌に刺激がなく行える方法を見つけましょう。


rinrenシャンプーの特に大きな魅力について考えてみた

関連記事

手肌に優しいシャンプー日記


rinrenシャンプーの特に大きな魅力について考えてみた リンク集

rinrenシャンプーの特に大きな魅力について考えてみたに関連するリンク集のページです。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 |

手肌