手肌に優しいシャンプー日記

MENU

トリートメントはシリコンの配合量も多い?

トリートメント

そういえば最近ではノンシリコンシャンプーは多いけどトリートメントはシリコン配合されているのは多いですよね。

 

そうするとトリートメントの方が結局補修作用が強いのでシリコンでコーティングされてしまう事になりますよね。

 

そうするとノンシリコンシャンプーを使用している意味がなくなってしまうので、シリコンが配合されているシャンプーで良いではないでしょうか。

 

個人的にはせっかくノンシリコンシャンプーを使用しているのであれば、トリートメントもノンシリコンのにしたいと考える事の方が多いです。

 

ただノンシリコンのトリートメントはどことなく水っぽさがあるかな?と思う事もあります。

 

コーティング剤の配合が多いトリートメント

トリートメント

シリコンの限定せずにコーティング剤などの配合量が多いというのはカラーやパーマなど髪の傷みにも関係しているのかもしれません。

 

シャンプーとトリートメントでは役割が全然違うのでトリートメントに入っている場合ほとんど気にしないのですが、シャンプーだと洗浄剤が強いのでキシミ緩和と言う面が強いですよね。

 

トリートメントではやはりイカツイ成分が配合されているのが多いので、やはりネットでは質と価格が釣り合ってないのも多いので、補修成分が少ないのに高かったりする事も多いです。

 

ノンシリコントリートメントでも使用感は人それぞれ

トリートメント

やはりノンシリコントリートメントといっても質が高いのと低いのと様々あると思いますし、使用感によっても人それぞれの面もあると思います。

 

やっぱり質が高いのは価格も結構張りますが、良質なのが値段が安かったりします。

 

やっぱり昔で言うとツボが100万円したのに価値が5000円と言うのもあるので、やはりある程度知識があると購入する際に比較検証できるし、冷静に判断して購入できるので良いですね。

 

最近ではシアバターなどかなり濃厚なリッチ系でダメージにも良いコラーゲンが高配合されたトリートメントが出てきているので探すのも大変だけど宝探しみたいで楽しいね。

トリートメントはシリコンの配合量も多い? 関連記事


手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプーというと石鹸がまず上がりますが、主に無添加シャンプーという点がありますが、手が荒れている状態だと石鹸でも痛みなどがありますよね。また固形石鹸ですとやはり手でこすったりして泡立てる事などもあるのでやっぱり、液体のアミノ酸系シャンプーの方が手肌に優しい傾向にあるかもしれません。食器洗いなどはやはり手が荒れやすいというのもありますから、普段から食器洗いの洗剤をよく使うと手があれる人もいれば、あまり使わないけど手が荒れてしまうというのもあります。手荒れなどがある際は、基本的には手が乾燥していることがほとんどです。手が乾燥していると肌の潤い感がないので、ゴムの様な弾力性がないので、ひび割れなども起きやすくなります。食器洗い用の洗浄成分や排水溝を洗う洗浄成分などどちらかというと洗顔料やヘアケアなど肌などに使うというよりは工業用に近い面があるので、肌が荒れやすくなります。石鹸の場合には低刺激ではありますが、結構油分なども洗い流しやすいので結構乾燥してしまう事も多くなります。やはり手肌に優しいシャンプーではノンシリコンのアミノ酸系シャンプーを使っていくと良いと思います。水っぽい原液よりもハチミツみたいなとろみがあるようなシャンプーの方がより使い勝手が良いかもしれません。


関連記事

手肌に優しいシャンプー日記 TOP


手肌に優しいシャンプー日記 リンク集

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |

トリートメントはシリコンの配合量も多い?

トリートメントはシリコンの配合量も多い?に関するページです。