手肌に優しいシャンプー日記

MENU

植物性エキスがふんだんに使われているボタニカルシャンプー

植物性

ボタニカルシャンプーは最近では男性でも人気が出ています。

 

以前は女性向けのオーガニックシャンプーという感じで大人気でした。

 

頭皮や髪に優しい印象を受けますよね。

 

植物性エキスをふんだんに使用したボタニカルシャンプーは、もともとスカルプシャンプーで植物性エキスを配合していた男性向けのスカルプシャンプーでリニューアルや新発売の製品にボタニカルシャンプーが多くなってきている感じがします。

 

ボタニカル成分が豊富なのが特徴

植物性

主にボタニカル成分を配合しているのが特徴になっていますが、植物由来の成分を使用したシャンプーがボタニカルシャンプーなので、植物性エキスの中にフケや頭皮の脂性にも良い成分も豊富なので、男性向けのスカルプシャンプーにも相性が良いのかもしれませんよね。

 

植物性エキスというと珍しい感じではなく、ずっと前から配合されてきた成分ですが、選ぶ際の注意点は石油系界面活性剤が使用されていないシャンプーがスカルプシャンプーやノンシリコンシャンプーには多くなってきました。

 

植物性を使用した刺激度の高いシャンプーもある?

植物性

そもそも石油由来の洗浄成分を使用したシャンプーというのはほとんどなく、市販で良く配合されている高級アルコール系のラウレス硫酸系に至っては、ラウリル硫酸からの改良版で刺激を抑えた使用になっており、石油系由来から生成もできますし植物性由来の洗浄成分として生成できます。

 

主にラウレス硫酸など高級アルコール系では植物性由来の洗浄成分で作られるのである意味ボタニカルといえばボタニカルになってしまいます。

 

ですので、購入する際の注意点としてラウレス硫酸をメインの洗浄成分として配合されているシャンプーです。

 

刺激度よりも価格帯がボタニカルシャンプーと命名しているだけで価格がかなり高くなっている場合もあるかもしれません。

 

そうするとコストパフォーマンスが非常に悪く市販で売られているシャンプーの方がよりコストパフォーマンスが良くなってしまいます。

 

ですのでしっかり比較などして購入する方がボタニカルシャンプーという名前だけで購入しなくなるので効率が良く良い買い物ができるかもしれません。

植物性エキスがふんだんに使われているボタニカルシャンプー 関連記事

植物性エキスがふんだんに使われているボタニカルシャンプー


手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプーというと石鹸がまず上がりますが、主に無添加シャンプーという点がありますが、手が荒れている状態だと石鹸でも痛みなどがありますよね。また固形石鹸ですとやはり手でこすったりして泡立てる事などもあるのでやっぱり、液体のアミノ酸系シャンプーの方が手肌に優しい傾向にあるかもしれません。食器洗いなどはやはり手が荒れやすいというのもありますから、普段から食器洗いの洗剤をよく使うと手があれる人もいれば、あまり使わないけど手が荒れてしまうというのもあります。手荒れなどがある際は、基本的には手が乾燥していることがほとんどです。手が乾燥していると肌の潤い感がないので、ゴムの様な弾力性がないので、ひび割れなども起きやすくなります。食器洗い用の洗浄成分や排水溝を洗う洗浄成分などどちらかというと洗顔料やヘアケアなど肌などに使うというよりは工業用に近い面があるので、肌が荒れやすくなります。石鹸の場合には低刺激ではありますが、結構油分なども洗い流しやすいので結構乾燥してしまう事も多くなります。やはり手肌に優しいシャンプーではノンシリコンのアミノ酸系シャンプーを使っていくと良いと思います。水っぽい原液よりもハチミツみたいなとろみがあるようなシャンプーの方がより使い勝手が良いかもしれません。洗顔後のアフタースキンケアを考えた場合に、アフタースキンケアも肌に刺激がなく行える方法を見つけましょう。


植物性エキスがふんだんに使われているボタニカルシャンプー

関連記事

手肌に優しいシャンプー日記


植物性エキスがふんだんに使われているボタニカルシャンプー リンク集

植物性エキスがふんだんに使われているボタニカルシャンプーに関連するリンク集のページです。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 |

手肌