手肌に優しいシャンプー日記

MENU

海の幸を豪快に食べまくる個人的な日記録

豪快

海の幸というと地域がら冬場に食べることが多いのですが、夏場にどうしてもやっぱり食べたくなるので、伊豆などで旅行に行く際は生物をガッツリ食べて帰ります。

 

内陸部に住んでいるのでどうしても新鮮なまま食べられる夏場の魚が食べたくなります。

 

冬場には新鮮な魚も多く食べられるし保存期間が保てるので、冬場は魚を堪能しやすいのではないでしょうか。

 

夏場はやはり怖いので、海の近くに住んでいる方は、いっぱい海の幸を堪能することができるので良いかもしれませんね。

 

海に近いか山に遠いというのが山間部などではなく都市部に住んでいるとそういったイメージがあります。

 

特に東京とか近郊に住んでいる場合には、山と海では分かれている事もあり、海に行く場合と山にいく場合ではいく方向がまるで違います。

 

しかし伊豆などでは、海と山が近い場合も多いので、海の幸や山間部で取れる山菜なども堪能できるので、ちょうど良いバランスの料理を楽しむことが出来ます。

 

冬場になると人気が高い海の幸

冬場

ネットでは季節関係なしに旬な魚の種類が多い時期には、特集が組まれることもあります。

 

テレビ番組でもグルメ旅行の番組をよくやっていますが、やはり冬場の季節なんかではカニなどが爆発的に売れているようです。

 

カニなど北海道産の魚関連はよくネットでも特集されているようです。カニを筆頭にイクラなども人気の様です。

 

やはり生物なので、鮮度が重要ですが、最近のネット商品は食べ物に関わらず公式サイトや信頼できるサイトで購入するとものの数分で発送準備から発送まで行ってくれます。

 

海の幸は、生で食べられる以外にも冬場の場合には鍋が人気ですからカニ以外にも鮭なども人気となっているようです。

 

ネットで買ったり現地で海の幸を堪能するのはどうなの?

生活

ネットが生活に浸透するまでは、海の幸など新鮮な魚介類は現地などに行って食べたりすることや築地市場などに代表される生鮮食品が新鮮に売られている所まで行って購入していることが多かったと思います。

 

現在ではネットで注文するだけですぐに届くので、新鮮な魚を求めて足を運ぶ必要がなくなってきています。

 

非常に便利なわけですが、わざわざ足を運んで商品をしっかり見て選ぶことで、魚の見る目が養われたりする場合もあり、マイナス面ばかりではありません。

 

たまに雰囲気をガッツリ味わいながら購入して自宅で食べることで旨味が増すことも多いのではないでしょうか。

 

特にそういった場合には、1人で食べるよりもみんなで囲んで食べたり複数で食べたりすることが美味しかったりすることもありますよね。

 

現地とかで食べたりする場合には1人でゆっくりのんびり観光がてらに食べると美味しいと思う事が多いかもしれません。

海の幸を豪快に食べまくる個人的な日記録おすすめページ

海の幸を豪快に食べまくる個人的な日記録記事一覧

 

カニを食べる際にあると便利なアイテムは?

カニを食べる際には、色々な食べ方があります。新鮮なカニの場合には、刺身にして食べたりすることも出来るので、その際には製品やグッズというよりも調味料というのが大事になるかもしれません。カニを食べる際には、甲羅からカニをむいたりするのが面倒である場合もあり、食べる楽しみよりもカニをむく方が面倒になってしまう事もあるかもしれません。そのため食べる量が減ってしまい疲れてしまう事もしばしばあるので、快適にカニを食べれるグッズを活用するとよりおいしく疲れなしに食べることが出来ます。鍋にする際には土鍋などがあると便利です。またカニを綺麗に向いていく際には、カニばさみがあると便利です。肉厚なタイプから手足が細長いタイプのカニなどがありますが、奥に届かないと切れにくい場合もあるので、ハサミの部分が細長いタイプの方が使いやすいかもしれません。細長いタイプでも先っぽの方が湾曲しているタイプをよく見かけます。カニの手足は基本まっすぐではなく、奥の方で少し曲がっていることが多いからハサミもそのような形状になっていることもあります。太いタイプの通常使用するようなハサミの場合には、細いタイプのカニを切る場合に置くまで入らないので、手前の部分だけが切れてしまい奥の方は結局かきださないと食べれないので、時間もかかり疲れてしまいます。なかなかハサミを活用しにくかったり、またすごく細いカニを食べる場合にはカニフォークやカニスプーンを使用していくとより快適に食べられるかもしれません。ネットで色々見てみるとカニスプーンとかエビにも使えるし、価格も100円以下の場合も結構ありました。

 
 

よく食べるマグロにはどんな種類があるの?

普段からよく食べる海の幸として代表的なものにマグロがあります。テレビなどでも漁の様子や漁港に水揚げされる様子に加えてセリなどの様子など、一般家庭に届くまでの過程なんかはテレビでよく見かけます。また魚屋さんやスーパーでも確実に見つけることが出来るのもマグロです。お刺身にしたり、煮たり、焼いたりして楽しめるのもマグロですよね。お寿司屋さんに行った際には、私の場合には中トロあたりが一番好きなのですが、大トロになると本当に新鮮な場合には、脂っこさがなく口当たりが良いので何個も食べられるのですが、大変高級なので、食べた後が怖い感じにあんります。赤みを食べると新鮮さが分かり易いですよね。新鮮ではない場合の赤みの場合には、独特の生臭さがあるので、私の場合にはエズク場合なんかもあったりします。マグロにも色々な種類があります。マグロの1本釣りとして有名な本マグロなどがなどがあります。 非常に高級で大トロなんかも美味しいですよね。赤みの部分も美味しく食べられるので海鮮どんぶりとして私はよく食べたりすることがあります。お寿司の様にマグロのみを味わうのも美味しいですが、海鮮丼として海老やイクラといった色々な海の幸と同時に食べてもおいしく食べられるのが特徴です。メバチマグロやキハダマグロなど色々な種類がありますが、色合いが赤みの部分で違ったりするので、何気に名称は知らないかもしれませんが、色々店頭とかで見かけていることも多いです。

 

海の幸を豪快に食べまくる個人的な日記録 | 手肌に優しいシャンプー日記記事一覧


手肌に優しいシャンプー日記について

手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプーというと石鹸がまず上がりますが、主に無添加シャンプーという点がありますが、手が荒れている状態だと石鹸でも痛みなどがありますよね。また固形石鹸ですとやはり手でこすったりして泡立てる事などもあるのでやっぱり、液体のアミノ酸系シャンプーの方が手肌に優しい傾向にあるかもしれません。食器洗いなどはやはり手が荒れやすいというのもありますから、普段から食器洗いの洗剤をよく使うと手があれる人もいれば、あまり使わないけど手が荒れてしまうというのもあります。手荒れなどがある際は、基本的には手が乾燥していることがほとんどです。手が乾燥していると肌の潤い感がないので、ゴムの様な弾力性がないので、ひび割れなども起きやすくなります。食器洗い用の洗浄成分や排水溝を洗う洗浄成分などどちらかというと洗顔料やヘアケアなど肌などに使うというよりは工業用に近い面があるので、肌が荒れやすくなります。石鹸の場合には低刺激ではありますが、結構油分なども洗い流しやすいので結構乾燥してしまう事も多くなります。やはり手肌に優しいシャンプーではノンシリコンのアミノ酸系シャンプーを使っていくと良いと思います。水っぽい原液よりもハチミツみたいなとろみがあるようなシャンプーの方がより使い勝手が良いかもしれません。

手肌に優しいシャンプー日記 TOP


手肌に優しいシャンプー日記 リンク集

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |