手肌に優しいシャンプー日記

MENU

豪快でダイナミックなサッカーのシュート

シュート

クリスティアーノ・ロナウドは豪快な強烈なシュートを放ちますね。

 

豪快で精度が高いシュートは世界でもトップですね。

 

ミドルレンジからのシュートは、ペナルティーエリアからのシュートみたいに簡単に決めてしまいます。

 

足の振りが凄まじく速いというのが特徴でしょうか?よくメッシと比較されるけど全くタイプが違うので、両方良い選手に変わりがないと言えばそれまで。

 

豪快でダイナミックなワールドカップ

シュート

豪快でダイナミックな試合を今回のワールドカップで期待していたけど結構ガッチガチな試合が多いかな。と!力の差がなくなってきたからかもしれないけど、強豪対強豪の試合を早くみたいな!という印象。そういえば今日は日本対オランダ戦。

 

韓国とアルゼンチン戦はアルゼンチンのボールポゼッション率は高かったので、日本もカメルーン戦よりチャンスは確実に少なくなるでしょう。

 

でもオランダの特徴は、格下の相手には舐めてかかる所があるので、さっさと先制点いれれば面白いかな!と。オランダはあっさり負ける事もあるので、チャンスはあるんじゃないかな〜と思いますが。

 

そういえばフランスワールドカップでは、韓国とオランダが対戦したけど、5対0で負けてたので、ま〜オランダは強い事には変わりない。

 

ベルカンプとクライファートがいた頃と今回のオランダチームはどっちが強いのか??難しいですな〜〜。豪快でダイナミックなサッカーをしてもらえると嬉しいね!

豪快なヘディングシュートは破壊力満点?

シュート

日本は負けたけど、オランダに1−0なので良いと思う。デンマークは2−0だったんで、あるいみ日本の勝ち!(笑)

 

試合を見ていたけど、シュート力に大きな差を感じる!大久保のシュートとスナイデルのシュートはスピードが全然違うし、精度も高い!

 

日本人のシュートはいつも枠の上に行きやすいんだけど、良くシュート体勢を見ると後ろに体重が乗り過ぎる事が多い。海外の選手は、背筋や股関節が強いので前に体重を乗せてシュートを打つと強烈だけど、日本人の骨格からして難しいので、もう少し、全身の反動を使ったシュートが良さそうね。

 

そういえばスナイデルは昔左足でFK蹴っていたけど、右利きの選手は両方蹴れないと1流ではないそうだとジダンがインタビューで答えていたよな〜。日本人で両足蹴れるのは、小野シンジぐらいじゃないかな!と・・・・。スナイデルは25・6ぐらいだけど、髪の毛やばい。オランダ選手は若ハゲが実に多い。二十歳ぐらいから薄いけど、年齢重ねてもあまりはげ上がらないのも特徴。

 

次の試合はどっちも決勝トーナメントがかかる試合だから真剣勝負なんで楽しそうだよね。オランダ対カメルーンは消化試合みたいになるので張りつめた試合にならなそうだけど、2戦目に入ってまだエンジンがかからないチームってまだまだ多い。ま〜今後に期待しましょ!


手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプー日記

手肌に優しいシャンプーというと石鹸がまず上がりますが、主に無添加シャンプーという点がありますが、手が荒れている状態だと石鹸でも痛みなどがありますよね。また固形石鹸ですとやはり手でこすったりして泡立てる事などもあるのでやっぱり、液体のアミノ酸系シャンプーの方が手肌に優しい傾向にあるかもしれません。食器洗いなどはやはり手が荒れやすいというのもありますから、普段から食器洗いの洗剤をよく使うと手があれる人もいれば、あまり使わないけど手が荒れてしまうというのもあります。手荒れなどがある際は、基本的には手が乾燥していることがほとんどです。手が乾燥していると肌の潤い感がないので、ゴムの様な弾力性がないので、ひび割れなども起きやすくなります。食器洗い用の洗浄成分や排水溝を洗う洗浄成分などどちらかというと洗顔料やヘアケアなど肌などに使うというよりは工業用に近い面があるので、肌が荒れやすくなります。石鹸の場合には低刺激ではありますが、結構油分なども洗い流しやすいので結構乾燥してしまう事も多くなります。やはり手肌に優しいシャンプーではノンシリコンのアミノ酸系シャンプーを使っていくと良いと思います。水っぽい原液よりもハチミツみたいなとろみがあるようなシャンプーの方がより使い勝手が良いかもしれません。


関連記事

手肌に優しいシャンプー日記 TOP


手肌に優しいシャンプー日記 リンク集

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |

豪快でダイナミックなサッカーのシュート

豪快でダイナミックなサッカーのシュートに関するページです。