サイトマップ

フリーウエイトとマシンで行うトレーニングの可動域の主な違いなどは?

マシンとフリーウエイトでの主なトレーニングをするうえで大きく違うのは、限られた軌道で行うか自由に動かせるかの違いです。

 

ですので、安全に最初トレーニングを行う上ではマシンで軌道などを練習すると良いでしょう。

 

チェストプレスを例にすると乳頭の真正面にバーがある状態にして前に押します。この動作をするだけです。椅子の高さなどを調整して行います。ダンベルもバーベルも基本乳頭の高さに合わせますが、トレーニングをしている際にぶれてお腹の方に寄ってしまったり首に近い所に降ろしてしまったりすると不安定でトレーニング中の事故なども考えられます。

 

自由度が高いフリーウエイトだから起こりえる事です。フリーウエイトのメリットとしては可動域をフルに使えます。

 

フルストレッチの状態までもっていったりすることができます。

 

マシンでも同じような事が出来ますが、逆に単一軌道なので、例えば肩の柔軟性がない場合など個人に合った動きが出来ないため怪我のリスクが逆に高まります。

 

フリーウエイトでも特にダンベルを扱うほうが可動域に自由の幅が広がるのも左右違うというのが関係しています。