サイトマップ

クランチ以外に良いトレーニングはある?

クランチ

お腹のダイエットとしてウエストサイズを下げるためにクランチなどが代表的です。

 

クランチをするという面でも呼吸方法なども大事ですし、お腹を凹ませるようにしながらクランチを行うほうが効果的です。

 

それに伴ってクランチ以外でも効果的な方法としては、腸腰筋などを使うエクササイズに加えて、腸腰筋に関する筋肉を使用するのも良いでしょう。クランチなどを行う姿勢として股関節は常に屈曲位であることがクランチ以外でも日常でも多いです。

 

そうするとお腹以外の太ももの前側を使用してしまう癖がついてしまいます。そうする事でお腹のエクササイズの時にお腹よりも太ももの前側を使用してしまうようになってしまい効果が半減しやすいです。

 

ですので、股関節が伸展できるようなエクササイズをしていくのが良いでしょう。伸展する際に負荷がかかるというのが大事ですが、力が抜けて腰が反れやすいので、常にお腹に力を入れた状態でのトレーニングが大事になります。

 

スクワットでも屈曲位から主に0度の部分までの伸展までのエクササイズになります。もう少し伸展できるように可動域を増やしながら増えた可動域に刺激を加えて力が発揮できるようにしましょう。

 

股関節がより伸展される際に筋力が使えるようになると腰に負担がかかりにくくなるメリットがあります。また歩く際により筋肉群の作動が多くなるので、運動量も増えてきます。

 

なにより普段より代償動作が腰になっていたので、お腹に力が入りにくかった状態からお腹に力が入りやすくなるため、よりクランチも質の高いトレーニングに代わってきます。