サイトマップ | 牛乳にラクトフェリンって多いのでしょうか?

牛乳にラクトフェリンって多いの?

ラクトフェリン

母乳に多いということで牛乳にラクトフェリンは多いかというと全く含まれていないそうです。加熱処理してしまうと死んでしまうそうなんですよね。

 

加熱処理で成分が失われてしまうというのは非常に多いものです。

 

やはり暑すぎると住めない生物がいたり、逆もいたりするので、微小な成分程加熱処理に弱い傾向にあるのかな?と個人的には思っています。

 

母乳に多いラクトフェリン以外でも加熱処理してしまうとアミノ酸なんかは壊れやすいです。

 

成分が壊れてしまうと成分の機能はなくなってしまうので、何も摂取していないのと同じになってしまう感じかもしれませんね。

 

ラクトフェリン以外でも熱すぎる飲み物は注意?

ラクトフェリン

サプリとかで摂取するときの注意点というか以前あった話ですが、青汁ではないですが、青汁だと話しやすいのでそうします。

 

栄養成分の食品表はケールだったらケールの栄養成分表が乗ることが多いですが製品という形で栄養成分表というのは限りなく少ないですよね。

 

青汁とか温かいお湯で飲んだりすることもありますが、沸騰したお湯をそのまま口に運ぶと火傷するので、ある程度温かいお湯で溶かしたりしますが、やっぱりお湯程度でも成分が壊れたりすることもあるのかもしれませんね。

 

ラクトフェリンとかサプリメントは粉末でも何かお水などで飲む場合がほとんどですが、なるべく熱すぎない飲み物を活用したほうが良さそうですね。

 

牛乳にラクトフェリンって多いのでしょうか?1 関連記事

牛乳にラクトフェリンって多いのでしょうか?に関連する記事です。


 
 
▲牛乳にラクトフェリンって多いのでしょうか? 上へ戻る


牛乳にラクトフェリンって多いのでしょうか? ページの先頭に戻る