シャンプー好きにはたまらないアミノ酸系洗浄成分は?

MENU
サイトマップ | シャンプー好きにはたまらないアミノ酸系洗浄成分は?

シャンプー好きにはたまらないアミノ酸系洗浄成分

シャンプー

やっぱりシャンプー好きにはたまらないのがアミノ酸系洗浄成分ですよね?

 

泡立ちは一般的には良くないですが、その中でも一番良くないのはココイルグルタミン酸ですよね。

 

同じようなシャンプーでも泡立ちが全然違ったりするので、洗浄成分とかの配合量が違うのかな?と思う事もありますが、アミノ酸系洗浄成分を使用していて泡立ちが良いと今後も使用していきたいと思いますよね。

 

やはり成分という面で違いがありますが、シャンプーそのものの雰囲気や香りなどそういった部分も使用感に出てきやすいのもあるのかもしれません。

 

しっとりしやすいアミノ酸系洗浄成分

シャンプー

グルタミン酸の場合には、かなりノペットした液体にドロドロ感のある泡立ちでヌルヌルする感じなので傷んだ髪にでも絡みにくいのが特徴なので、髪通りが洗髪中に良いせいか抜け毛予防にも使われていたりします。

 

ヌルヌル感が嫌いな方がいるかもしれませんが、逆にノペットした液体は、結構好きな方もいるかもしれません。

 

シットリ感にも似た感触でドロドロ感もあるので、意外に使いやすい面もあるんですよね。

 

アミノ酸系シャンプーの質感が気に入っている?

シャンプー

私も質感は結構好きですが、ずっとシットリしている感じもあるので、たまに違うのを使用したくなります。

 

また育毛シャンプーではあまり使用されていないアラニン系やグリシン系ですが、最近買ったオーガニックシャンプーでタウリンが使用されていて、思ったよりも泡立ちが良くてびっくりしました。泡立ちが悪そうだと思ったので、良かったです。

 

シンプルなタイプは保湿とかの成分なども入っていないので素の髪などにも良さそうです。髪を染めたりした際に使いやすいのがアミノ酸系シャンプーですが、巣の髪との相性も個人的には良いと思います。

シャンプー好きにはたまらないアミノ酸系洗浄成分は? 関連記事

シャンプー好きにはたまらないアミノ酸系洗浄成分は?に関連する記事です。


▲シャンプー好きにはたまらないアミノ酸系洗浄成分は? 上へ戻る



シャンプー好きにはたまらないアミノ酸系洗浄成分は? ページの先頭に戻る