トリートメントはシリコンの配合量も多い?

MENU
サイトマップ | トリートメントはシリコンの配合量も多い?

トリートメントはシリコンの配合量も多いのが特徴

トリートメント

そういえば最近ではノンシリコンシャンプーは多いけどトリートメントはシリコン配合されているのは多いですよね。

 

そうするとトリートメントの方が結局補修作用が強いのでシリコンでコーティングされてしまう事になりますよね。

 

そうするとノンシリコンシャンプーを使用している意味がなくなってしまうので、シリコンが配合されているシャンプーで良いではないでしょうか。

 

個人的にはせっかくノンシリコンシャンプーを使用しているのであれば、トリートメントもノンシリコンのにしたいと考える事の方が多いです。

 

ただノンシリコンのトリートメントはどことなく水っぽさがあるかな?と思う事もあります。

 

コーティング剤の配合が多いトリートメント

トリートメント

シリコンの限定せずにコーティング剤などの配合量が多いというのはキシミ緩和以外でもカラーやパーマなど髪の傷みにも関係しているのかもしれません。

 

シャンプーとトリートメントでは役割が全然違うのでトリートメントに入っている場合ほとんど気にしないのですが、シャンプーだと洗浄剤が強いのでキシミ緩和と言う面が強いですよね。

 

トリートメントではやはりイカツイ成分が配合されているのが多いので、やはりネットでは質と価格が釣り合ってないのも多いので、イカツイ補修成分が少ないのに高かったりする事も多いです。

 

ノンシリコントリートメントでも使用感は人それぞれ

トリートメント

やはりノンシリコントリートメントといっても質が高いのと低いのと様々あると思いますし、使用感によっても人それぞれの面もあると思います。

 

やっぱり質が高いのは価格も結構張りますが、良質なのが値段が安かったりします。

 

やっぱり昔で言うとツボが100万円したのに価値が5000円と言うのもあるので、やはりある程度知識があると購入する際に比較検証できるし、冷静に判断して購入できるので良いですね。

 

最近ではシアバターなどかなり濃厚なリッチ系でダメージにも良いコラーゲンが高配合されたトリートメントが出てきているので探すのも大変だけど宝探しみたいで楽しいね。

トリートメントはシリコンの配合量も多い? 関連記事

トリートメントはシリコンの配合量も多い?に関連する記事です。


 

そういえばこのあいだテレビで放送されていたけど、酵素を取っても食品などに含まれている酵素は体の中では吸収できないそうです。加熱に弱いので加熱処理してあると酵素が...


 

▲トリートメントはシリコンの配合量も多い? 上へ戻る



トリートメントはシリコンの配合量も多い? ページの先頭に戻る