髪がまだらになって染まりやすかったヘアマニキュア

MENU
サイトマップ | 髪がまだらになって染まりやすかったヘアマニキュア

髪が染まりやすかったヘアマニキュア

髪

そういえばヘアマニキュアで昔ではベネトンの一時的に染めるタイプが使用しやすかった。

 

結構1日だけ染めたい時にベネトンのが汗とかでも落ちやすいけれども、シャンプーとかした時に落ちやすいのが魅力的だった。

 

他のは強力なので中々シャワーでも落ちないし、髪の傷みも結構あるので使用したくないと思っていたけれど、成分とか髪への刺激とかよくわからなかったので成分とかどうなんでしょうか?

 

ヘアマニキュアでも髪のメンテナンスが大事?

髪

ヘアマニキュアの方がヘアカラーよりも髪が傷みにくいのですが、明るい髪にしたり大きく色合いを変えるというのは難しいのが髪の内部まで色素などが入り込まないからというのがあります。

 

そうすることで髪に痛みが少ないと言われています。

 

私の場合には毎日行うと表面だけが傷む状態になってしまうので、パーマやカラーを使用した際と同じような手触りになって髪が傷んでいるような感じになります。

 

なので、色が反映している期間が短いヘアマニキュアですが、色持ちを良くするために洗浄力が強すぎないタイプのシャンプーを使用していくのが良いかもしれません。

 

ヘアカラータイプの方が刺激度が高め?

髪

そういえば、今ではヘアカラータイプは刺激が強いのは分かっていたけど、色々体にとっても良くないと言うのを最近知りました。

 

以前髪が真っ白だった時に、泡のタイプのベネトンなどの一時染めなどを使用するとまだらになるのでパンダみたいになってしまうと言う事が起きていた。

 

しっかり染めようとすると、量を多く使用するのですぐになくなってしまうのが玉に傷だったんですよね。

 

今ではトリートメントタイプなど幅広く選べるし、髪を明るくする方も白髪染めと同じように傷みが少ないタイプが出てくると良いです。

 

脱色する際にもトリートメントみたいに徐々にでもよいけれど、髪が傷みにくいのが出てきてほしいです。

髪がまだらになって染まりやすかったヘアマニキュア 関連記事

髪がまだらになって染まりやすかったヘアマニキュアに関連する記事です。


▲髪がまだらになって染まりやすかったヘアマニキュア 上へ戻る



髪がまだらになって染まりやすかったヘアマニキュア ページの先頭に戻る