脂性の場合の頭皮ケアはどうしたらよい?

MENU
サイトマップ | 脂性の場合の頭皮ケアはどうしたらよい?

脂性の場合の頭皮ケアはどうしたらよい?

脂性

男性ホルモンが多くなってくると脂性になりやすいんですが、そんな時どんな頭皮ケアをしていくとよいのかというと一番はシャンプーに皮脂抑制成分とかが配合されていると良いと思います。

 

また皮脂量が多いと皮脂は体を守るためにあるので、雑菌などを吸着させたり汚れを吸着させたりする作用があります。

 

ですので洗浄力が弱い弱酸性のアミノ酸系シャンプーでも良いですが、もう少し洗浄力があって刺激が少ない、アミノ酸系+酸性石鹸など少し洗浄力がプラスされたシャンプーを使用すると頭皮もスッキリしやすいです。

 

皮脂は取りすぎると良くないといわれていますが、脂性の方の場合には雑菌を多く付着するという皮脂量が多いので、酸化しやすく臭いが発生しやすいので、しっかり落とすことが大切だと思います。

 

頭皮

また雑菌が繁殖すると毛根が弱くなりやすいので抜け毛が多くなりやすいです。

 

また皮脂は頭皮を保湿しているという側面もあるため、皮脂をシャンプーで洗い流したら保湿できるようなシャンプーで配合されていますが、保湿成分が多いのを使用することで、余分に皮脂が多くなるのを防ぐ役割があったりします。

 

脂性の方は洗浄力が強いシャンプーで何回も髪を洗ってしまいやすいですが、市販シャンプーで洗うとすすぎが甘くなりやすいです。

 

すすぎがあまくなると残留性が高い洗浄成分を使用しているので頭皮に刺激となりやすいので、刺激から守るために皮脂量が多くなりやすいということもあるので刺激が少ないシャンプーを使用しましょう。

 

脂性の場合の頭皮ケアはどうしたらよい? 関連記事

脂性の場合の頭皮ケアはどうしたらよい?に関連する記事です。


 
 
 
 
 

そういえばこのあいだテレビで放送されていたけど、酵素を取っても食品などに含まれている酵素は体の中では吸収できないそうです。加熱に弱いので加熱処理してあると酵素が...


 
 
 

▲脂性の場合の頭皮ケアはどうしたらよい? 上へ戻る



脂性の場合の頭皮ケアはどうしたらよい? ページの先頭に戻る