髪の毛の成長のピークは20歳から22歳

MENU

髪の毛の成長のピークは20歳から22歳

髪の毛の成長のピーク

一般的な男性の場合、髪の毛の成長のピークは20歳から22歳といわれています。

 

つまり、その年齢を過ぎれば、髪の毛の成長度合いは徐々に下がっていき、髪の毛は時間を追って細く弱くなっていきます。さらに年齢を重ねるごとにストレスや体力低下が加わり、髪の毛はダメージを受け続けます。髪の毛が細くなってくると、たとえ抜け毛がそれほど多くなくても、外見上の印象がかなり悪くなってしまいます。

 

極端な例を挙げると、もし髪の毛が半分に減ってしまった場合、見た目では全体の3/4が抜け落ちてしまったように写ります。このような男性型脱毛症の原因を作っているDHC(ジヒドロテストロン)に着目しました。その結果、DHCがヘアサイクルを乱すことで、髪が成長しないまま抜け落ちてしまうことを確認しました。

 

さらに、DHCを抑えるための原材料にこだわりました。それが天然由来の植物です。別名ノコギリヤシと呼ばれているソウパルメットエキスは、多くの研究の結果はっきりと育毛成分が認められている有効成分です。その他、ぶどうエキス、リノール酸、オレイン酸のなどの有効成分をバランスよく配合しています。

 

副作用の心配が全く無く、且つ確かな育毛効果を発揮する育毛剤です。育毛剤の成分として非常に効果があるのがミツイシコンブを配合した育毛剤です。どちらも優秀なのでお好みに合わせて購入するとよいでしょう。


Page Top