サイトマップ

腸腰筋を効果的に鍛えるには?

腸腰筋

腸腰筋のトレーニングでは主に主にレッグレイズという方法が挙げられます。

 

寝た状態や鉄棒などにぶら下がった状態で、足の根元である股関節を使って曲げる動作です。

 

主に膝は伸ばした状態で行う方が負荷は強くなります。

 

膝を曲げた状態で行う事もできますが、寝た状態だと膝を曲げると股関節の動きも少なくなるので、鉄棒などぶら下がった状態で行うのが良いでしょう。腸腰筋のほぼ大部分を占める大腰筋は、体の中でも少し変わった特徴がある筋肉です。

 

股関節に付着していますが、股関節に付着している筋肉は骨盤に付着しています。しかし大腰筋は背骨に付いている筋肉で、2関節をまたいでいる特殊な筋肉です。

 

腸腰筋を鍛えることで足の速さを競う競技などの人は行う事も多く、ハムストリングスも同じように速さに必要な筋肉です。

 

腸腰筋を鍛えるエクササイズでは主として腸腰筋を使うトレーニングになります。腸腰筋の働きというのも実にユニークで、ハムストリングスが作動した際に股関節が伸展していきますが、進展しすぎないにするために作動する筋肉なのです。

 

ですので、バリスティックな使い方や股関節を進展させた反動で使用させる方がより2関節をまたいでいる不安定で長い筋肉を使用する上で活用価値が出てきます。

 

ですので、ハムストリングスの股関節の部分である伸展領域での筋力の向上を目指した後に行うほうがより効果が出やすいでしょう。